廃車証明書の再発行はできる?手続きの手順をくわしく紹介!

現在乗っているマイカーの廃車手続きを
すると
廃車証明書をもらえます。

この廃車証明書と言われている書類は、
2種類あります。

  • 永久抹消登録時にもらえる
    登録事項等証明書
  • 一時抹消登録の時にもらえる
    一時抹消登録証明書

となります。

もし、これらの廃車証明書
うっかり紛失してしまった場合、
再発行ってできるのでしょうか?
気になりますよね。

そこで今回は、

  • 廃車証明書の再発行はできるのか
  • 廃車証明書の再発行手続きの手順とは?

について解説させて頂きたいと思います。

廃車証明書を紛失してしまった時の為に
再発行の手続きはどのように行えばよいのか
知っておきたいと思っている方は、
以下の記事をご覧になっておいてくださいね。

Sponsored Links

廃車証明書の再発行はできる?

PAK85_mitukattahoukokusyo20140905

後ほどで解説しますが、
マイカーを廃車した時にもらえる
廃車証明書は、廃車した車の
自賠責保険の返礼手続きを行うときに必要
になります。

この廃車証明書をうっかり紛失してしまうと、
返戻金をもらうための手続きが行えなくなる
ので注意が必要です!

でも、心配しないでください!

実は、廃車証明書の中の
登録事項等証明書の場合

廃車の手続きの必要事項であった

  • ナンバープレートの番号
  • 車台番号の下7桁

きちんとメモしておけば、最寄りの陸運局
で再発行の手続きを
行うことで廃車証明書を
再発行してもらうことが可能です。

車台番号だけでも再発行可能ですが、
下7桁だけでなくすべての車台番号を
記入しなくてはいけません。

ただし、車は残しているけれど登録抹消の
手続きを行っている場合の
廃車証明書で
ある
一時抹消登録証明書の場合は、

車の盗難防止などのために基本的には
再発行することは難しくなっています。

しかし、登録者は5年間登録情報が
保持されているので、一時抹消登録してから
5年以内であれば可能にはなりますので、
最寄の陸運局に相談してみましょう。

再び乗る場合は、登録事項証明書請求手続き
を陸運局
で行い登録事項証明書を添付して、
車検をすることで中古新規登録を行います。

再発行はどこでできる?発行費用は?

一般的に廃車証明書と呼ばれるものには
2種類あります。

  • 永久抹消登録時にもらえる
    登録事項等証明書
  • 一時抹消登録の時にもらえる
    一時抹消登録証明書

再発行手続きは、廃車手続きを行った
最寄りの陸運局でできます。

費用は現在登録事項証明書の場合は、
1件につき手数料印紙代が300円
詳細登録事項等証明書の場合は、
1件に付き手数料印紙代が千円です。

但し、証明書の枚数が1枚増えるごとに
300円印紙代が加算されます。

Sponsored Links

廃車証明書の再発行手続きの手順を紹介!

scrap-car-639688_640

廃車証明書(登録事項証明書)の
再発行の手続きは以下の通りです。

🚙廃車証明書(登録事項証明書)の
再発行の手続き
  1. 運輸局に行って登録事項証明書の
    再発行のために必要な書類を入手する。
  2. 自動車登録番号と車台番号を記入する。
  3. 用紙に何のためにその書類が必要なの
    請求の事由を記入する。
  4. 請求者の指名および住所を記入する。
  5. 収入印紙を購入する
    (陸運局内で販売しています)
    ※再発行の際には免許証などの

    身分証明書が必要になるので
    必ず持参しておきましょうね。

廃車にかかる費用はどのくらい?

a0002_003051_m

では、実際に廃車には費用がいくら
かかるのでしょうか?

大きく分けて、

  • 書類作成
  • 解体の作業量
  • リサイクル料金

の3つと、事故車であれば、
工場までのレッカー代が必要になります。

書類作成は自分でやれば印紙代くらいですが、
代行業者に頼めば1万円くらい。

解体の費用は業者によっても変わりますが、
ざっくり1万円くらい。

リサイクル料は購入時に払っていれば、
必要ありませんが、払ってなければ、
普通車で1万円ほど。

合わせると、
廃車にかかる費用はざっくり3万円くらいで、
別途レッカー代が必要になるかどうかと
いった所です。

ただ事故車=廃車という訳ではありません。

廃車しないといけないような事故車でも
買い取ってもらえる可能性がゼロでは
ありません。

今では、

  • 海外輸出
  • 部品のリサイクル
  • 再生資源としての活用

などの理由から、廃車・事故車でも十分
買取してもらうことができます。

エンジンがかからない車でも
買取できる可能性があるので、
ダメ元で査定を受けるといいと思います。

せっかく買取してもらえるのに、
わざわざ自分でお金を払って廃車
するのは損ですからね。

但し、事故車・廃車の買取業者も数多く
ありますが、思っている以上に
諸費用がかかったり、手続きが
煩雑だったりと悩むケースも多いようです。

そんな疑問や不安を解消する
ためにスタートしたサービスが
事故車・廃車の査定『カーネクスト』
なら安心と言えます。

カーネクストならではの安心内容

  • 明瞭な価格設定
  • 0円以上の買取保証
  • 引き取り・レッカー代無料
  • 独自で海外販売

事故車・廃車専門の業者なので
年式が新しい車やパーツに需要が
ある車なら、より高額で買取して
もらえる可能性があります。

高値で売れればワンランク上の車への
買い替えも検討できるかもしれませんね。

カーネクストで愛車の相場を確認する

まずは無料査定をしてみて、
買取相場を知っておくだけでも
損はないと思いますよ。

Sponsored Links

そもそも廃車証明書って一体なに?

無題 (1)

上記でもすでにご紹介していますが、
普通自動車の廃車証明書には2種類
あります。

  • 永久抹消登録時にもらえる
    登録事項等証明書
  • 一時抹消手続きの時にもらえる
    一時抹消登録証明書

となっています。

これらの廃車証明書は、車の登録の抹消、
車籍を
抹消していることを証明する書類です。

youtubeにて自動車の廃車に関する情報を
紹介している動画を見つけました。

自動車の廃車について詳しくお知りに
なりたい方は、
以下の動画をご覧に
なってくださいね。

どんな時に必要な書類なの?

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_m

登録事項等証明書一時抹消登録証明書
などの
廃車証明書が必要となるのは、

  • 自賠責保険の返礼手続きを行う時
  • 一時抹消登録中の車を再度車検を
    取って乗れるように
    する時
  • 一時抹消登録中の車を譲渡する時

などに必要となります。

まとめ

elv-1009234_640

いかがでしたか?

普通自動車を廃車するときに発行して
もらえる廃車証明書は、

  • 登録事項等証明書
  • 一時抹消登録証明書

の2種類があることをお話ししてきましたが、
ここでおさらいしておきましょう。

登録事項証明書陸運局に行って
所定の手続きを踏めば、再発行して
らうことが可能です。

一方、 一時抹消登録証明書は、
盗難を防ぐためにも紛失してしまうと、
簡単には再発行してもらえません。

ただ、抹消登録後から5年以内であれば、
登録事項等証明書を発行してもらい、
添付すれば再度車検を取り、 新規登録
することができます。

ですので、一時抹消登録証明書をうっかり
紛失した場合は
早めに陸運局に行き、
登録事項等証明書を
発行してもらい
ましょうね。

車検証が見当たらなくて年式がわからず、
査定ができないという場合などはこちらの
記事が参考なります。

「車の年式はどこを見る?車検証の見方と無い時の調べ方を紹介」へ移動する

軽自動車の廃車料金について気になる方は
以下の記事も参考にしてください。

「廃車の料金!軽自動車はいくら?負担が必要な費用項目とは?」へ移動する

あらかじめ廃車の料金や手続きを知って
おくと慌てずにすみますので、この記事が
参考になれば幸いです。

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。