車の燃費が悪くなった!考えられる原因と解決策をまとめて紹介!

「最近ガソリンの減りが早い・・」

と感じられることはありませんか?
それは車の燃費が悪くなって
いるかもしれません。

そこで今回車の燃費が
悪くなったと考えられる

  • 燃費が悪くなった5つの原因
  • 燃費を良くする4つの解決策

をご紹介していきたいと思います。

思い当たる方や、今一度この機会に
ご自身の車を見てみるのも
燃費を良くするきっかけに
なるかもしれませんよ。

Sponsored Links


車の燃費が悪くなったときに考えられる原因とは?

車の燃費が悪いとなったときに
考えられる『5つの原因』をこれから
ご紹介していきたいと思います。

  • 制御センサーの不都合
  • ブレークや駆動系の不都合
  • タイヤの不都合
  • パワーダウン
  • オイルの劣化

1つでも思い当たる不都合が
ありましたら自動車メーカーに
持って行き調べてもらうか
点検してもらうことを
おすすめします。

1.制御センサーの不具合

車には数々の制御センサーが
搭載している中で特に燃費を
悪くしているのが、

『燃料制御センサー』

と呼ばれている箇所です。

本来であれば燃費消費を
必要以上にしないよう
制御してくれます。

気づくポイント!
燃料制御センサーが何かしらの
不都合が起きてしまうと
未燃焼ガスが発生してしまいます。

そのガスがマフラー管を通り
破裂音のようなパンと弾ける
音がします。
このような音を感じたら
一度点検してみてください。

2.ブレーキや駆動系の不都合

ブレーキや駆動系が不都合を
起こしてしまうと、

  • 走行が普段より重く感じる
  • 走行中になにかを引きずる感じがする

などの不都合が発生してしまいます。

違和感を感じたままの状態で
走行してしまうと
通常の走行より
多く燃費を消費してしまいます

他にも駆動系の故障にも
繋がってしまいます。

特にブレーキの
効きが悪かったりしてしまうと
大きな事故にも繋がるので
必ず点検してもらうようにしてください。

3.タイヤの不具合

タイヤの不都合で燃費を低下させる
気をつけなければいけないこと第1位
『空気圧の減少による燃費低下』

タイヤの空気圧は
何もしていない状態でも
少しづつ減っています。

  • 地面との摩擦抵抗の大きくなる
  • パンクしやすくなる傾向
  • 安定した走行ができない

空気圧が低いと悪影響ばかりです。

4.パワーダウン

パワーダウンとは、
走行中の車に力がなく加速などが
しにくくなる状態を意味します

パワーダウンが起きてしまう理由

エアコクリーナーが詰まる
バッテリーの低下

など多くの可能性が考えられます。

パワーダウンが起きると無駄に
普段よりも力を加えるので
燃費を消費し悪くなってしまいます。

どこが不都合を起こしているのか
素人にはなかなか気づきにくいので
パワーダウンを感じたら
自動車メーカーに持って行き
調べてもらうことをおすすめします。

気づくポイント!例)坂道をいままでスムーズに走行できて
いたのになかなかスムーズに進まない。例)アクセルを踏んでも
思うようにスピードがでない。

などを感じたらそれは
パワーダウンかもしれません。

5.オイルの劣化

エンジンオイルの交換を長期にわたり
していないと、劣化してしまい
エンジン性能を悪くしていしまい
悪影響を及ぼし燃費を悪く
してしまう原因になります。

定期的にメンテナンスを行うことが重要

エンジンオイルが劣化してしまうと

  • エンジン内に汚れが溜まってしまう。
  • エンジンの動きが悪くなる。
  • エンジン内の金属がぶつかり合い
    焼き付けを起こしてしまう。

などが起こってしまいます。
エンジンオイルを放置してしまう・・

燃費が悪いどころではなく
車が動かなくなってしまいますよ。

悪質した燃費を良くするための解決策とは?

車に不都合が起きたらどうする?

車に不都合が起き燃費が普段よりも
悪くなってしまった場合の解決策を
4つに分けてご紹介したいと
思います。

悩まれている方がいらっしゃったら
ぜひ参考にしてみてください。

1.プロに相談する

一番はまず自動車を購入したときの
担当者または自動車屋さんに
相談することが望ましいです。

一番その車の状態をわかっています。

他にもその車のメーカーに
持っていくなどして
プロの方からの判断を
聞くのが一番間違いないでしょう。

2.タイヤの空気圧を確認

空気圧はガソリンスタンドでも
簡単に確認や点検してもらえるので、
月に1度は定期的に点検!

心がけておきましょう。

また簡単に確認できる
空気圧センサーなども売られているので、
この機会にぜひチェックして
みてください。

Sponsored Links

3.オイル交換

オイルの交換も燃費を向上させる
大事な作業です。

エンジンオイルの交換時期として
1万5,000km走行または1年毎
が一般的とされています。

特にターボ車や、ディーゼル車などは
早めに交換することをおすすめします。

自分でも簡単にできますが
あまりわからない方がむやみに
交換してしまうと
パワーダウンに繋がる恐れがある
のでプロに任せましょう。

4.不必要なアクセルやブレーキを控える

いきなり必要でもないのに
ブレーキを使ったり、急発進で
アクセルを使ったりしてしまうと

ガソリン消費が早く
燃費が悪くなってしまいます。

なるべく不必要なアクセルや
ブレーキを控えることで、

  • 駆動系の故障防止
  • ガソリンの不必要な消費

などを防ぐことができるので、
心がけて運転するようにしてください。

余裕のある運転が助手席の方も
同乗者の方も安心できますよ。

車のエアコンは燃費に関係ないって本当?

すべてが燃費に関係ないとは言いきれません。

下記から詳しく書いてある記事を
読むことができますが、
結論から申し上げますと

エアコンの暖房は燃費に関係なく
エアコンの冷房や除湿は関係あります!

なので夏場とかは気をつけておかないと
普段よりも燃費が悪くなってしまう
恐れがあるので、気をつけてください。

車の燃費にエアコンは関係ないって本当?知っておきたい新事実!

車の燃費が悪化してそのままにしておくと危険?

車のどこかで普段とは違う
不都合がおきているので
燃費が
悪化しています。

そのまま放置したまま走行を
続けてしまうと燃費だけでなく
他の部分も故障してきます。

決して浅はかな知識だけでなく
少しでも違和感や不都合を
感じたらお近くの車屋さん
またはガソリンスタンドなどで
一度見てもらいましょう。

車は命を運んでいます。
その車が壊れているのに
安心して乗ることはできますか?

まとめ

今回燃費が悪くなる5つの原因と
4つの解決策をご紹介してきました。

この機会にぜひ一度ご自身の車を
見直し、違和感など不都合は
ないか調べてみてもいいかもしれません。

燃費を向上させると良いことばかりですよ!

⇒車の燃費が冬に悪くなるって本当?悪化しない改善方法を解説!

Sponsored Links


車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。



未分類



新野卓也をフォローする
DRIVE FACTORY-eco:nomy-