トラックの耐用年数(新車・中古)はどのくらい?減価償却率も紹介

普段お仕事に使用しているトラックを
できるだけ長期間使用できるように、

定期的にメンテナンスを欠かさない
という方は多いと思います。

ですが、どんなに長期間大切に
乗っている中古トラックであっても、
買ったばかりの新車のトラックであっても

使用に耐えうる年数、つまり、
耐用年数は決まっています。

「自分が現在乗っているトラックの
耐用年数が知りたい!」

と思っていらっしゃる方のために、ここでは

  • トラックの耐用年数とは
  • トラックの減価償却の方法
  • 耐用年数から考えられる
    買い替えにベストなタイミング

について解説させて頂きたいと思います。

「トラックの耐用年数や減価償却率の
計算方法について詳しく知りたい!」

という方は、ぜひ以下の記事を
読んでみてくださいね。

トラックの耐用年数!用途や大きさで違う

ひとくちに、トラックの耐用年数と言っても
用途や大きさ、新車や中古車でかなり
異なります。

そこで、以下にトラックの耐用年数の
新車や中古車での違いや、
用途や大きさでの違い
ご紹介させて頂きますね。

新車の場合

新車のトラックの耐用年数は
特殊自動車や運送事業用でない
一般用のトラック場合は
以下のようになっています。

  • ンプ式の貨物自動車・・・4年
  • その他の貨物自動車・・・5年

上記の一般用のものでない
運送事業用、貸自動車業用、
自動車教習所用のトラックの場合は
以下のようになっています。

  • 積載量2トン以下の
    貨物トラック・・・3年
  • 総排気量3リットル以上の
    大型トラック・・・5年
  • その他のトラック・・・4年

参考サイト:国税庁

中古車の場合

中古トラックを購入するときに
気になるのは耐用年数ですよね!

新車の場合のトラックの耐用年数は
上記でご紹介しましたが、

中古トラックの場合は
どのくらい使用できるのか計算で
求めるのは難しいため、
簡便法で耐用年数を求めます。

中古トラックの耐用年数を求める式は

「法定耐用年数×20%=耐用年数」

なので、購入した中古トラックの年式が
8年の場合は、

8(年)×20%=1.6となりますが、

答えが2年以上の場合端数は切り捨てとなり、
2年未満の場合は一律2年となりますので、

この年式が8年の中古トラックの
耐用年数は2年ということになります。

このような簡便法という計算方法を使って
中古トラックの耐用年数は求められます。

このような耐用年数が短い
中古トラックであっても

以下でご紹介します
中古トラックの買取・販売業者である
「トラック王国」では

国内外問わずに豊富な販売先がありますので、
他社と比較すると高値買取りが期待できます。

トラック王国で愛車の値段を調べてみる

愛車の査定はネットで、で行えますし、
沢山の業者の中からよりよい業者を
チョイスできますので、

現在お持ちの中古のトラックを
より高値で売却できるチャンスが
広がりますよ!

youtubeにてトラックなど車両・車の
耐用年数について解説している動画を
見つけました。

トラックなどの車の耐用年数について
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

減価償却率の計算方法!定額法・定率法とは?

減価償却率の計算方法には
定額法と定率法があります。

定額法の特徴は、償却費の金額が原則
毎年同じ金額になり計算方法は、

「トラックの取得価額×定額法の償却率」

となっています。

定額法の償却率の計算方法は、
耐用年数の逆数になるため、
耐用年数が5年なら1÷5=0.200となります。

定額法の償却率は以下の通りとなっています。

  • 耐用年数2年・・・0.500
  • 耐用年数3年・・・0.333
  • 耐用年数4年・・・0.250
  • 耐用年数5年・・・0.200
  • 耐用年数6年・・・0.166

定率法の特徴は、償却費用ははじめの年ほど多く
年を経るに従ってどんどん少なくなる点です。

ただし、定率法の償却率によって
算出した償却費用が償却補償額に
満たなくなった時
償却費用は毎年同じ金額になります。

計算方法

「トラックの未償却残高×定率法の償却率」

となっています。

平成24年4月1日以降に取得したトラックの
償却資産に適用する、「200%定率法」
定率法の償却率を求める式は以下の通りです。

「償却率=定額法の償却率×200%」

ですから、耐用年数が5年の
トラックの償却率は0.200×200%=0.4
となります。

定額法で減価償却する場合は
毎年金額が一定ですが、

定率法の場合は、初年度から数年の間は
金額が大きく後半になると
少なくなっていきます。

定額法・定率法どちらで
減価償却するのかは事業者が選択できますが、

定率法で減価償却する場合
税務署に所得税の減価償却資産の
償却方法の届出書
提出しなくてはいけません。

この届出書を提出しない場合
定額法で減価償却することになります。

参考サイト:国税庁



新車の計算方法

では、新車のトラックの減価償却費の
計算方法をご紹介します。

上記でご紹介しましたように
運送業を営んでいる業者が取得した
2トンまでの新車のトラックは
耐用年数は4年であるため、
減価償却費は定率法で計算するなら

減価償却費=
トラックの取得価格×償却率(0.500×200%)

となります。

中古車の計算方法

中古車の減価償却費を定率法で計算する場合
まず、上記でご紹介しました

中古車の減価償却の耐用年数を
計算する簡便法で耐用年数を計算し、
償却率を算出します。

例えば購入した中古トラックの耐用年数が
簡便法で3年の場合は、

減価償却費は定率法で計算するなら

減価償却費=
中古トラックの取得価格×償却率(0.333×200%)

となります。



耐用年数を過ぎている場合

法定耐用年数が過ぎた中古トラック
購入した場合は、
以下の式で耐用年数を求めます。

「法定耐用年数×0.2」

耐用年数の計算結果の小数点以下は
切り捨て、2年未満の場合は一律で
耐用年数を2年とします。

上記の式で求めた耐用年数から
償却率を導き出し

定率法なら以下の式で
減価償却率を計算します。

減価償却費=耐用年数を過ぎた
中古トラックの取得価格×償却率

ただし、法定耐用年数が過ぎている
中古トラックを購入した場合、

事業者が青色申告者でトラックの取得価額が
30万円未満の場合は減価償却せず、
経費として損金で処理できます。

さらに、耐用年数が2年の場合や
償却法が定率法の場合、
期首にその中古トラックを取得した場合

定率法2年の償却率が1.000なので、
1年目の使用月数が12カ月の場合
1年目で償却が完了します。

耐用年数を満たしていない場合

耐用年数をまだ満たしていない
中古トラックの場合は、
以下の式でまず耐用年数を求めます。

「法定耐用年数-経過年数+経過年数×0.2」

こちらも、耐用年数の計算結果の
小数点以下は切り捨て、
2年未満の場合は一律で
耐用年数を2年とします。

上記の式で求めた耐用年数から償却率を導き出し
定率法なら以下の式で減価償却率を計算します。

減価償却費=
耐用年数を過ぎた中古トラックの
取得価格×償却率



耐用年数から考えられる買い替えにベストな時期とは?

できれば耐用年数が長ければ長いほうが
中古トラックを高値で買い取ってもらえる
可能性が高くなります。

ただし、一般的なトラックの法定耐用年数を
過ぎた中古トラックであっても、

まだフルモデルチェンジが行われていない
7年未満のトラックであれば、
十分高値で買い取ってもらうことが可能です!

以下の中古トラック買取・販売サイト
「トラック王国」では、

現在お持ちの中古トラックをネットで
無料で査定することが可能です!

トラック王国で愛車の値段を調べてみる

こちらで、現在お持ちの中古トラックの
値段をチェックすれば、

沢山ある業者の中から一番お得な業者を
チョイスすることができますので、

選択肢が広がり、より高価買取してもらえる
可能性が高まりますよ!



まとめ

いかがでしたか?

トラックの耐用年数は、
一般用のトラック場合は、

  • ダンプ式の貨物自動車・・・4年
  • その他の貨物自動車・・・5年

一般用のものでない
運送事業用、貸自動車業用、
自動車教習所用のトラックの場合は、

  • 積載量2トン以下の
    貨物トラック・・・3年
  • 総排気量3リットル以上の
    大型トラック・・・5年
  • その他のトラック・・・4年

となっています。

中古トラックの耐用年数は、
以下の式を使って求めます。

「法定耐用年数×20%=耐用年数」

中古トラックの買い替えを希望するなら、
法定耐用年数がなるべく長いもの
さらに、年式が7年未満であれば
比較的高値で買い取ってもらえる
チャンスがあります。

上記でご紹介しました
中古トラック買取・販売サイトである
「トラック王国」は、

他の業者と異なり販売先が国内外と
幅広いので、

より高値で買い取ってもらえる
可能性があります!

現在お持ちの中古トラックを
高値で買取りしてもらいたいのであれば、

ぜひ、無料で査定できるサイト
「トラック王国」でトラックの現在の値段を
チェックしてみることをおすすめします!

沢山の業者から
より高値で取引できる業者を選べるので、
高価買取につながりますよ。

 

車を売る人必見!後悔しない売却のコツ
車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。その理由は、

・複数社で見積もりの比較は面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネット無料の車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で査定額がスグにわかる。

・複数の見積もり比較不要で、手間がかからない

・信頼できる業者のみ!安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒50万円以上高く売れるかも?!一括査定の詳細はこちら

 

寿命
DRIVE FACTORY