車のホーン!車検が通る音量やスイッチボタンの位置とは?

「車のホーンは、一定の音でつまらない・・・」

と思って、ホーン音を変えたりしている方は、
意外と多いかもしれませんね。

車好きさんであればなおさら、

「自分の愛車をカスタマイズしたい!」

と、いろんな所を
アレンジしてしまうのではないでしょうか。

ただ、ちょっと待って!

そのカスタマイズで車検は通りますか?

純正品を外してしまうと、車検の時に、
検査に通らない、という状態になって
しまうかもしれませんよ。

今回は、よく聞く車の「ホーン」の音の
車検に通る条件やスイッチボタンの
位置などをまとめてみました。


ホーン音の保安基準をチェック!音量やルールは?

scrutineers-432374_960_720

ホーンについては、保安基準で規定があります。

道路運送車両法(自動車保安基準第43条)では、
警音器の音は、連続するものであり、かつ音の大きさ及び音量が一定なものであること。
と規定があります。

以下の3つのいずれかに該当すれば、全て車検は通りません。

1、「音が自動的に断続するもの」
2、「音の大きさ、または音色が自動的に変化するもの」
3、「運転者が運転者席において、音の大きさ、または音色を容易に変化させることができるもの」

また、警音器の音の大きさは、
自動車の前方7mの位置において、
112dB以下93dB以上であること。
と定められています。
(動力が7kW以下の二輪自動車に
備える警音器にあっては、

112dB以下83dB以上)

意外に基準が厳しいものなのです^^;

ちなみに、カー用品店などで売られている
ホーンは、保安基準に違反するようなものは
まずありません!

ホーンを変える際は、まずはカー用品店の
店員さんや、担当ディーラーに相談してから
行いましょう。

スイッチボタンを移設する場合の位置は?

indoor-820896_960_720

道路運送車両の保安基準の細目を定める告示では、

第168条 (操縦装置)
第一項
自動車の運転に際して操作を必要とする装置は
かじ取りハンドルの中心から左右それぞれ
500ミリメートル以内に配置され、
運転者が定位置において容易に操作できるもので
なければならない。

となっています。

車の後ろから真っ直ぐ前を見て、
ステアリングの中心点から500mm以内
移設であればOKです。

しかし、移設をして純正ホーンボタンが
動作しない場合は、車検に通りません

ディーラーによっては車内の切替スイッチを
取り付けたままの状態であっても、
片方のホーンを鳴らないようにしておけば
車検を通してくれる場合がありますので
一度ディーラーへお問い合わせください。


このホーンは通らないかも!?電子ホーンやエアホーンは?

crazy-car-53877_960_720

クラクションは、周りの人に危ないよ、
という警告を行うための装置です。

本来の音が変わってしまうと、周囲の人に
警告の意図が伝わらず、交通に混乱を
招いてしまう事も。

ですので、エアホーンやヤンキーホーンは、
一定ではなく、音が変化する、あるいは音が
断続するため
、車検では不利なんですね。

しかし、車検は通らない可能性が高いのですが、
音が変化しないエアホーンだと通る場合もあります。

たとえばタンクの付属していないエアホーン等
車検に通るエアホーンに該当するようです。

電子ホーンも同様に、車検が通るものと、
そうではないものとに分かれることになります

ただ、音が反響するものだと車検が通らない
確率は高いです。

音楽を奏でるミュージックホーン・クラクション
の装着も
不正改造とみなされ、車検では
不利
なようです。

大きすぎる音は騒音公害にもなるので、
クラクションの不正改造はやめておきましょう。

まとめ

gahag-0083173700

いかがでしたか?

意外と容易にホーンの移設はできるものの、
基準は厳しく、最悪車検が通らない場合、
無駄な出費を招いてしまうことも。

ホーンの音を変更したい!という場合は、
基準をしっかり守り、車検が通る範囲で
変更したいものですね^^;



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】
車検

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

DRIVE FACTORY 編集部をフォローする



DRIVE FACTORY