車の月々の支払い!購入額別に払うお金の目安をまとめてみた

はじめてローンを組んで
を購入しようと
考えていらっしゃる方は、

車の価格によって
月々のローンの支払金額が
どれくらいになるものなのか
あらかじめ知っておきたいのでは
ないでしょうか?

それだけではなく、車を購入後
車を維持するのに必要な維持費や
年間や不定期にかかるお金

どのような項目があるのか
知っておきたいところですよね。

そこで、ここでは

  • 車をローンで購入する場合
    月々の支払額は
    どれくらいになるのか
  • 月々の維持費と年間や
    不定期にかかるお金の項目

について解説させて頂きたいと思います。

これからローンを組んで
車を購入しようと
考えているのだけれど、
月々どれくらい支払えばよいのか

また、月々の維持費や
年間・不定期にかかる
お金の項目について
あらかじめ知っておきたい!
と思っていらっしゃる方は、

ぜひ、以下の記事を
ご覧になってくださいね。


 

車の月々の支払いはどれくらい必要なの?購入額別の目安

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_m

 

現金一括で車が購入できれば、
金利もかからずに済みますが、

実際、車を購入するときは
ほとんどの方がローンを組んで
購入すると思います。

車を購入する際に
ローンを組んで購入するとなると
車の販売価格プラス金利が
2%から4%ぐらいかかります。

車を購入する場合、
分割回数は2回から84回まで
お好きなものを選べるのですが、

一般的に一番多く選ばれている
支払回数は60回、36回、84回
となっています。

例えば車両本体が100万円の車を
3年ローンで購入する場合

金利が2.7%の場合は
月々の支払金額は28950円となり、
総支払額は約104万円となります。

同じ車両本体価格が100万円の車を
金利2.7%の5年ローンで購入する場合

月々の支払金額は
3年ローンよりぐっと安くなり
17836円となり、
総支払額や約107万円となります。

車両本体価格が100万円ほどでしたら
頭金を準備しなくてもフルローン
で購入できそうですが、

車両本体価格が200万円、
300万円となると、
毎月の支払金額も
5万円台から8万円台ほどになり

ローンの金利によっては、
利子で支払う金額が
車両本体価格の1割を
オーバーする場合もありますので、

100万円を超える車を購入する場合は、
ある程度頭金を準備してから
ローンを組んで
購入するようにしましょう。

さらに、ローンが84回まで
組めるからと言っても

ローンの支払期間が
長くなれば長くなるほど
支払う金利も多くなりますので、

できれば、
ローンの年数は36回(3年)程で
終わらせるように
ローンを組むことをおすすめします。

youtubeにて自動車ローンの
手続き方法や
支払のシュミレーションを
ネットで行う方法を
紹介している動画を見つけました。

どのように自動車ローンを
申し込むのか
また、事前に支払のシュミレーションは
どのように行うのか
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画を
ご覧になってくださいね。

月々支払う維持費の項目はどんなものがある?

3436c39c8661e42d3b2b57b1452f3b89_m

 

車の購入代金のほかにも、
車を購入したら、
月々支払っていかなくてはいけない
維持費があります。

その維持費の項目は以下の通りです。

🚙車を購入後毎月支払う維持費
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 洗車代

ガソリン代は小型車の場合で計算すると、
リッターあたり
13.9キロメートル走行すると仮定して、
月々8千円ほどかかる計算になります。

場合によっては
もっと高額になる可能性もあります。

駐車場代は月々だいたい
8千円から1万円ほどかかると思います。

場合によっては
もっと高額になる可能性もあります。

洗車代などは購入した車によっては
ディーラーでサービスで
洗車してもらえる場合もありますが、

1回あたりだいたい
1000から1500円程度かかるので、
1か月4回洗車すると仮定すると

月々4千円から6千円ほど
かかる計算になります。


 

年間や不定期にかかるお金は何がある?

bf81abaf65aa92c4150e7c55ebe68a3b_m

 

年間や不定期に
車の維持にかかるお金には
以下のようなものがあります。

🚙車の維持に年間や不定期にかかるお金
  • 自動車税
    (1001から1500ccの場合)7千円
  • 任意保険
    (年齢制限なしの場合)187600円
  • 12か月点検代 13000円
  • 車検費用(2年に1回) 46000円

そのほかにも、
不定期で消臭剤を購入したり、
ヒューズが飛んだ時などの
部品交換代などを
支払ったりする場合があります。

 

まとめ

165b9b9764b7a437ab61cf3eb381c7ad_m

 

いかがでしたか?

ローンを組んで車を購入する場合
車両本体価格が100万円の場合は、

金利2.7%の3年ローンを組むと
毎月の支払金額が28950円となり、
総支払額は約104万円程となります。

車両本体価格が100万円ほどでしたら、
フルローンでも
それほど負担にならないかも
しれませんが、

100万円以上の車をローンを組んで
購入する場合は、

フルローンだと金利によっては、
支払金利が車両本体価格の1割を
オーバーしてしまう場合もありますので、

100万円以上の車を購入する場合は、
ある程度頭金を準備してから
購入するようにしましょう

さらに、ローンが84回まで組めるからと
84回でローンを組んで支払っていくと、
それだけ金利を沢山支払わなくては
いけなくなりますので、

金利負担をできるだけ抑えるためにも
できれば車のローンの支払回数は
36回(3年)ぐらいにしておくように
しましょう!

さらに、車を購入後も
月々、ガソリン代や駐車場代、
洗車代の維持費がかかる上に

不定期に自動車税、任意保険、
12か月点検、車検費用などが
かかることを頭に入れたうえで、
車を購入することを検討しましょうね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】

1.車の買い方

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

DRIVE FACTORY 編集部をフォローする



DRIVE FACTORY