車の維持費の平均は?月・年間別に比較してみた!【軽VS普通車】

車を持つには車体購入費用だけでなく
維持費のことを考える必要があります。

「維持費って何?どれくらいかかるの?」
そう思っていた時期が私にもあり、
学生時代にネットで検索していました。

ガソリン代はもちろんですが、
他にも駐車場代税金類など
車を持つためには様々な費用が必要です。

そこで今回は車の維持費について
車種別に平均の相場を紹介していきます。

月にどれくらいかかるものなのか、
年間でいくら必要なのか。

また車を持ちたいと考えている
大学生が参考になる情報も
合わせて紹介したいと思います。


【軽VS普通車】車の維持費!平均価格を一覧で比較してみた!

i004_396

軽自動車5ナンバー3ナンバー
自動車税10,800円34,500円39,500円
自動車重量税2,500円7,500円30,000円
自賠責保険料13,185円13,920円13,920円
ガソリン代60,000円80,000円120,000円
駐車場代120,000円120,000円120,000円
年間275,485円364,220円438,810円
月々22,957円30,351円36,567円

※駐車場代は一律月1万円で計算
※ガソリン代は120円/ℓで軽=ℓ/20km、
5ナンバー=ℓ/15km、3ナンバー=ℓ/11kmで計算

このように一覧にしてみると、
軽自動車は圧倒的に維持費が
安くなることが分かります。

ガソリン代は走行量にもよりますが、
税金保険類を見ると一目瞭然です。

年単位では軽自動車と普通車とでは
10万近くの差があるため、
軽自動車に人気が集まるのも納得です。

車の維持費って何?その内容をご紹介!

pensive-female-580611_640

  • 自動車税などの税金
  • 自動車保険料
  • 自動車の車検代
  • ガソリン代
  • その他の消耗品代

車の維持費は
大きくこの5つに分類されます。

車関係の税金は
自動車税」「重量税」の2つがあり、
自動車税については毎年納税
重量税は車検時に納税する形です。

また保険についても2種類あり、
必ず加入する「自賠責保険」と
任意保険」の2種類があります。

任意保険は加入義務はありませんが、
事故時の負担が大きくなるため
加入している方がいいでしょう。

ガソリン代駐車場代も目にしやく、
車に乗る上では避けられない費用です。

そして車検は2年に一度
受ける必要がある維持費の一つです。

受けていないと法律で罰せられるため、
こちらも必要になる費用となっています。


必見!維持費を安く抑える5つの方法とは?

hook-829942_640

維持費の内容を紹介しましたが、
安く抑えることはできるのでしょうか?

車に乗ってドライブを楽しみたいけど、
月々の負担や年間費用が高ければ
なかなか手を出しづらいでしょう。

私も車を持っていますが、
維持費を何とか抑えたい
いい方法はないか探していました。

そこで車の維持費を抑えるための方法
いくつか紹介したいと思います。

ぜひ紹介した方法を取り入れて
楽しいドライブ生活に反映してください!

自動車税を抑えたい!

車を持っている者であれば
必ず納めなければならない費用ですが、
この維持費いくらかかるのでしょうか?

  • 軽自動車=10,800円
  • 5ナンバー=34,500円
  • 3ナンバー=39,500円

軽自動車であれば
自動車税はかなり安く済むため、
抑えるなら軽自動車一択となります。

月々のローンを抑えたい!

これは車両価格によって変動しますが、
軽自動車を新車購入した場合、
月々の支払額は自然と低くなります。

また支払う回数を増やして
月々の額を減らす方法もありますが、
利率で損をするためおすすめしません。

そのためローンで車を購入する場合、
月々の支払い額を減らすためには
車両価格が安いものを選ぶことで
維持費を安く抑えることができます。

保険代を抑えたい!

自賠責保険については
安く抑えることはできませんが、
任意保険は保険会社やプランで
安くすることができます。

平均相場は年間2~4万円ですが、
チューリッヒなどの通販型自動車保険なら
利用別や走行距離で安いプランを
親身になって組んでくれるでしょう。

またネットで簡単に見積もりが取れるのも
人気を集めている理由となります。

他の保険料を抑える秘訣として、
加入後から無事故を維持することです。

自動車保険の料金システムは
無事故だと保険等級が上がっていき、
比例して保険料も安く下がる仕組み。

またゴールド免許でも優遇されるため、
無事故・無違反が保険料を抑えて
維持費も結果的に安くなるのです。

ガソリン代を抑えたい!

車の維持費で最も馴染みあるのが
ガソリン代ではないでしょうか?

ガソリン代を抑えるには、
価格が安い場所で給油することが鉄則!

高速道路の出入口付近や都市部だと
ガソリン価格は高い傾向にあります。

またプリペイドカード会員に入ることで
給油時に割引を受けられる店も多いです。

そういった店を利用することが
ガソリン代を安く抑えるための
努力と言えるでしょう。

駐車場を抑えたい!

維持費の天敵である駐車場代ですが、
安く抑える方法はあります。

住まい環境によって相場が変動し、
月2万円する地域もあるでしょう。

そこで駐車場代を抑えるためには、
自宅の敷地内に駐車するものです。

当然といえば当然ですが、
これなら費用は一切かかりません。

他にも駐車場経営を始めれば、
月々の収入を得ることも可能になり、
駐車場代も経費として落すことができます。

しかし初期費用が大きくかかるため、
こちらはあまり現実的ではありませんね。



車の維持費が安い大学生でも買える車とは?

man-597008_640

大学生になれば免許を取得し、
自分の車を持ちたいと思うようになります。

しかし維持費がかかるため、
バイト代で賄うためにも安くしたい
誰もが考えているのではないでしょうか?

そこで第一選択肢として、
軽自動車であれば全体的な
維持費は安くなります。

他にも月々のガソリン代を考慮して、
ハイブリッド車という選択肢もあります。

ガソリン代を大きく削減でき、
さらに税金面でも優遇されているため、
初期費用などはかかりますが
充分におすすめできる車です。

車の維持費!中古と新車とは金額が違うってホント?!

08f2c84477d25d04d86b1f1b547c29a3_s-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

自動車税重量税
新車でも中古車でも必ず発生する
車の維持費となっています。

まず税金面では中古車の方が
課税金額が安くなる傾向があります。

節税という部分で見た時に
中古車の方が優遇されているため、
車購入の際には参考にしてください。

しかしメンテナンス費用を考えると、
多くの費用が必要なのは中古車です。

また燃費性能にも劣るため、
一長一短があるといえるでしょう。

<<番外編>>車の維持費がかからない?!カーシェアリングの魅力とは?!

018eaee53a94a5ab35c00833b9eda716_s

最近目にするカーシェアリングですが、
車購入費用は必要ないことはもちろん、
自動車税や自賠責保険などの維持費を
支払う必要もありません。

必要なのは月々の利用料金などで、
車を所有することを放棄する代わりに
低コストで車に乗ることができます。

ガソリン代が必要かどうかは
提供する会社で変わってくるものの、
必要な時にだけ利用できることが
何よりの魅力なのではないでしょうか?



まとめ

42cf0b9b8e34141bf4f7d856ee5f2edd_s

車を所有するにあたって
様々な費用が必要となりますが、
維持費のことはしっかりと
考えなければなりません。

年間で数十万円かかるため、
安く抑えることで経済的な余裕を
生み出すこともできます。

ガソリン代や保険料など
身近に取り組める部分から見つめ直し
車購入では年間でいくら必要なのか
事前に計算したうえで選びましょう。

無理な選択をすれば
維持費が大きな負担ともなるため、
注意してほしいと思います。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】
維持費

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

DRIVE FACTORY 編集部をフォローする



DRIVE FACTORY