車のフォグランプが車検に通る基準!黄色だと不合格になるの?

皆さん、車に搭載されているランプの中に
フォグランプという霧の時に使用する
ランプがあるのをご存知ですか?

このランプをつけると
霧などの視界が悪い状態であっても
前方の視界が見えやすくなります。

このフォグランプ、実は黄色だと
車検に不合格になる場合があるって
皆さん知っていますか?

「では、何色のフォグランプなら
車検に通るの?」

と疑問に思った方のために、ここでは、

  • 車のフォグランプ車検に通る基準
  • そもそもフォグランプとは何

について解説させて頂きたいと思います。

「フォグランプの果たす役割や、
フォグランプの色が黄色だと、
なぜ、車検に通らないのか
知っておきたい!」

という方は、ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね。


車のフォグランプが車検に通る基準とは?

霧などが発生した時に、
フォグランプを使用すると、
走行しやすくなりますが、

このフォグランプを搭載するときには
レンズやバルブが黄色だったりすると
車検に通らない場合もあるのです!

ここでは、そんなフォグランプ
車検に通る基準について
以下に詳しく解説させて頂きますね。

保安基準では白色もしくは淡黄色と規定されている

フォグランプの色は、
道路運送車両の保安基準において

前方のフォグランプの場合白色、
または淡黄色で統一するように
定められています。

後方のフォグランプは
赤色で統一するように定められています。

黄色だと不合格になる場合もある

上記ですでにご紹介しましたように
前方のフォグランプの色は
白か淡い黄色と道路運送車両の保安基準で
定められているため、

淡い黄色のフォグランプなら良いのですが、
ハッキリとした黄色のフォグランプを
搭載した場合

車検で不合格になる場合がありますので
注意が必要です。

もちろん後方のフォグランプ
保安基準で定められている
赤色でないフォグランプを搭載すると
車検には通りません。

Sponsored Links

陸運局に持ち込み違反判定されたら最悪切符を切られることも

レンズもバルブも白色なのに、
バルブ自体が黄色の光を発する
ちょっと白色か黄色なのか判断しづらい
グレーゾーンのフォグランプもあります。

そんな時には陸運局に行ってOKかどうか
判定をしてもらってからでないと
入庫できないと
ディーラーに言われる場合があります。

ですが、陸運局に持ち込んで違反判定されたら
違反シールを貼られるうえに、最悪、後日
違反切符を切られる場合もありますので
注意が必要です。

レンズやバルブが白色なのに
バルブ自体が黄色の光を発する場合は、

白色もしくは淡い黄色の光を発する
バルブに交換することをおすすめします。

youtubeにてフォグランプのバルブ交換を
DIYする様子を紹介している動画を
見つけました。

フォグランプのバルブは
どのように交換するのか
お知りになりたい方は、

ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。

そもそもフォグランプとは?

そもそもフォグランプとは
霧が出た時や強い雨が降っているときなど、
視界が悪い時に、

走行しやすいように前方を幅広く照らして
視界を確保する目的として使用される
ランプのことをさします。

フォグランプは別名霧灯とも呼ばれます。

フォグランプは前方にも後方にも
取り付けることが可能ですが、

必ず取り付けなければいけないという
義務はありません。

フォグランプの意味

フォグランプとは道路運送車両法にて
前部霧灯や後部霧灯と呼ばれる
ヘッドライトと同じく
自動車のライトの一つです。

フォグは英語で霧の意味を
あらわしている通り、

フォグランプはもともと
霧が発生した時に点灯することを
目的として作られた補助灯なのです。

Sponsored Links

フォグランプの使い方と効果

霧が発生しているとき
特に深い霧の時に車を運転するのは、
前方後方ともに見えづらくて大変です。

そんな時に、前方を良く照らして
視界を確保しようと
ハイビームで前方を照らすと

霧の水分にハイビームの光が
乱反射してしまい、

せっかく視界を確保しようと
照らしているのに、
逆に前方が見えづらいという
現象が起こってしまいます。

フォグランプは、
上下の光を照らす範囲を
通常のヘッドライトなどより狭くして

左右に広く照らすような
構造になっているため、

霧の水分に光が乱反射するのを防ぎ、
前方の視界を確保し
車を走りやすくさせてくれます。

さらに、フォグランプは
運転手にとって前方の視界を確保し
走りやすくするだけでなく、

対向車や前方、後方を走っている車からも
確認しやすくなるため、

霧の中や激しい雨の中を走っていても、
事故にあいにくくなります。

さらに、街灯が少ない暗い場所
細い道を走行するとき
視界を確保するのにも
フォグランプは活躍します。

ハイビームよりもより広い範囲を
照らすことができますので、

夜間、暗い道路を走行しているときに
フォグランプを照らしておけば
歩行者を確認しやすくなりますので、
人身事故の防止につながります。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

フォグランプは上記で
ご紹介しましたように、

霧の中や激しい雨の中、
視界を確保し走行しやすくする効果や、

霧の中や激しい雨の中、対向車や
前方、後方を走る車から
確認しやすくなるため、
事故を防ぐ効果も期待できます。

さらに、街灯が少ない暗い場所や
細い道での視界確保にも役立ちますし、

夜間走行するときに
フォグランプを照らしておけば、
広い範囲を照らしてくれるので、

歩行者を確認しやすくなり、
事故を防ぐ手助けとなります。

ただし、フォグランプ
道路運送車両の保安基準

  • 前方・・・白色か淡い黄色
  • 後方・・・赤色

と定められているため、

前方のフォグランプ
ハッキリとした黄色のものを搭載した場合
車検で不合格になる場合がありますので
注意が必要です。

もちろん後方のフォグランプ
保安基準で定められている
赤色でないフォグランプを搭載すると
車検には通りませんので

フォグランプを搭載するときは、
これらの保安基準を満たした
正しいカラーのフォグランプを
搭載するようにしましょうね。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車を一括査定で楽に売るコツ!
車を売りたくて一括査定を申し込んだら
業者から電話が鳴り続けて対応が大変で面倒・・・

そんな悩みがある方は、無料で愛車の最高額がわかる
『ユーカーパック』がおすすめ
です。

ユーカーパックが人気な理由とは

  • 1度の査定で最大2000社が公開入札
  • 電話連絡はユーカーパックの1社からだけ
  • ディーラー下取りよりもお得♪
  • 複数の業者と会ってやりとりをしなくて済む
  • 完全無料で査定できる♪

など、車に詳しくない・交渉が苦手と言う
人でも簡単に利用することが出来ます。

また相場が事前にわかれば、買取業者に
安く買い叩かれる心配がありません。

⇒ユーカーパックで無料査定の詳細を確認する


【関連する人気記事】