車の名称を部位別に解説!ボディパーツや車内の内装まで

車には乗っているけれど、
パーツや部品、内装の名称なんて
分かりませんよね。

分からなくても
運転できますし、
知らなくっても問題ありません。

でも!!
ちょっとだけでも知っておくと
必要なときがくるかもしれませんよ。

そんなあなたに、
今さら誰にも聞けない
車の名称を部位別にご紹介しましょう。

少しでも車が好きなら、
簡単に覚えることができますよ💡


車の各部位の名称と役割をくわしく解説!

audi-r8-audi-sports-car-fast-163232

きっと今までに、
聞いたことはあるけれど、
それがどこの部分なのか分からない
と言うものがいつくか出てくると思いますが
それだけでも素晴らしいです!

では、
実際の写真と名称を照らし合わせて
どんな役割があるのか
見てみましょう。

車体(ボディ)のパーツ 編

illust01
出典 http://www.only-one.jp/

まずは、ボディパーツ
部分ごとにご紹介すると、、、

ボンネット

エンジンを収納するための
金属製のカバーです。

バンパー

昔までの意味は、
車を守るために後付け
備わっていたものですが、
近年その存在は、
車本体に一体化したものが
多く見られるようになりました。


フェンダー

タイヤを覆うように
カバーしてある部分のことです。

主に「泥除け」のためにあるもので、
車体だけでなく歩行者にも
泥や水跳ねがかからないように
するためのものです。

フェンダーについて
もっと知りたい人はこちらをどうぞ!
車のフェンダーってどこの場所のこと?どんな意味があるの?

ルーフ

車の屋根部分のことを言います。

また、
様々な使い方ができる部分でもあり、
「サンルーフ」だと、
一部分が開閉式の窓になったり、
「ルーフレール」を取り付ければ、
大型の荷物置きができます。

今さら聞けない!!
ライトの名称と付け方と動画でどうぞ♪

 

フロント・ドア

「フロント」とは、英語で「前」
という意味なので、
前のドアのことを意味します。

リア・ドア

「リア」とは、英語で「後ろ」
という意味なので、
リア・ドアは、後ろのドア
ということになります。

車のパーツで使うことが多く、
リア・バンパーやリア・カーテン
など用います。

トランクカバー

車の後ろの荷物などを
収納する部分の金属製のカバーです。

また、
リアガラスごと開閉するタイプを
「ハッチ」と言います。

エアロ

20091119-05
出典 http://www.garage-riseup.co.jp/

空気抵抗を軽減したり、
逆に空気抵抗をうまく活用して、
性能を上げる役割もあります。

エアロについて詳しいことは
こちらをご覧ください!
車のエアロとは?パーツの名称と役割を画像で詳しく解説!

 



車内の内装 編

次は、車内の内装の名称です。

よく使っていたり、
目にすることは多いのですが
意外と知らないんです、、、。

アシストグリップ

p1
出典 http://minkara.carview.co.jp/

揺れ・急カーブなどによって
体が倒れないように
握るためのものです。

助手席や後方の席に窓側に
付いてます。

アームレスト

14116
出典 http://carcast.jp/

座席シートの横に備え付けられている
肘掛けです。

自分のお好きなアームレストを
付け替えることもできます。

センターコンソール

20120415210341_image_21
出典 http://www.garage-spark.jp/

前座席中央にある部分のことを
示します。

サイドブレーキ・カップホルダーなどを
含んだ収納スペースです。

インストルメントパネル

p11
出典 http://minkara.carview.co.jp/

ダッシュボードに取り付けられた
計器板のことです。

またの名を、「インパネ」とも言います。

計器板は、スピードメーター・
エアコン・オーディオなどの
メーター類を集めたものです。

またの名を、
「インパネ」とも呼びます。

メータークラスター

p12
出典 http://minkara.carview.co.jp/

スピードメーターのひさし部分
のことを言います。

直射日光によって
見えにくくならないように
防止するためのものです。

コンソールボックス

p13
出典 http://minkara.carview.co.jp/

運転席と助手席の間にある
小物入れのことです。

アームレストと一体になったものなど
色々な種類があります。

グローブボックス

015_o
出典 http://autoc-one.jp/

助手席の前にある収納スペースのことです。

車に関する必要な書類や車検証を
入れている人も多いです。



車の部品 編

tok1121
出典 http://nttbj.itp.ne.jp/0254622178/index.html

では最後に、部品の名称
覚えていただきましょう。

これで、あなたも車の名称博士です💡

エンジン

vp_d05
出典 http://www.isuzu.co.jp/index.html

車のエンジン部分は、
人で例えると、心臓にあたる
とても大切な役割を持っています。

ミッション

0000034103-214d45c29869bbe1103bb5187ff5e80ff5af7ff6
出典 http://parts-bank.net/

車を動かすための歯車の
動力源の組立て部品です。

ターボチャージ

pid3593
出典 http://www.monster-shop.jp/

よく使われている「ターボ」のことを
言います。

エンジン部分に空気を送り込み、
排気量以上のパワーを引き出します。

マフラー

pid3411
出典 http://www.monster-shop.jp/

マフラーとは、
消音機のことで、
エンジンの音をかき消す役割があります。

また、排気を外へ排出するための
ものでもあります。

ラジエター

yjimageoh5cqbp7
出典 https://www.ohata.org/

車の前方に設置されているもので、
走行すると風が通ることで、
エンジンを冷やす役割があります。

ドライブシャフト

p1100902_r1_c2
出典 http://www.llcs.jp/

エンジンの駆動力をタイヤへと
伝わるような役目をしています。

サスペンション

suspension
出典 http://www.a-nob.com/index.html

走行中に凸凹道や揺れなどを
軽減してくれるための部品です。

 

まとめると、、、

pexels-photo-104371

いかがだったでしょうか?

ボディパーツ・内装・部品
それぞれ車にとって重要な
名称と役割が知れたと思います。

もう一度、
自分の愛車で確かめながら覚える
分かりやすいかもしれませんね。

また、車検などで
整備員が話す言葉でも
この名称はでてきます。

分かっていれば、
今以上に車に対しての
愛着が生まれるのではないでしょうか。



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】
基礎知識

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

DRIVE FACTORY 編集部をフォローする



DRIVE FACTORY