車の駐車はサイドミラーで決まる!失敗しない3つの手順を紹介

車の駐車が苦手な人って多いのでは
ないでしょうか?

縦列駐車バック駐車…。

何回も車を前に出したり後ろに下げたり、
運転席のドアを開けては、何度も後ろを確認
したりして…。

ちょっと込んでる駐車場だったらもう
冷や汗ものですよね~。

やっとできたと思って車から降りたら
駐車スペースから大きくはみ出してたり
車が曲がってたりして、もうがっくり…

そんな経験ありませんか?

車の教習所で苦労したという人も多いはず!

さあ今回は、
そんな車の駐車が苦手なあなたのために、
上手に駐車ができるコツを
ご紹介しちゃいますね!

車の駐車はサイドミラーで決まるんですよ!

それでは早速見ていきましょう♪


苦手な車の駐車はコツさえつかめば簡単!3つの手順で紹介!

2016y04m17d_082022544

車の駐車といえばバック駐車縦列駐車
それぞれの駐車のコツを順番に紹介して
いきますね。

バック駐車

バック駐車を行うには

  • サイドミラー
  • ピボットエリア
  • ハンドル

この3つがポイントになります。

まず、サイドミラーの角度に注意して
タイヤがしっかり映っていることを確認しましょう。

2016y04m22d_154732089

そしてピボットエリアというのは
聞きなれない言葉かもしれませんが、
駐車場の車を止めるスペースの白線がありますよね?

その先の部分がピボットエリアといいます。

2016y04m22d_154906071

このピボットエリアをサイドミラーで確認
してハンドルを切ることで、バック駐車が
上手くいくというわけです。

2016y04m22d_155101799

 

それではいよいよバック駐車のやり方です♪

運転席側の駐車スペースに駐車する場合
説明しますね。

 

1.前輪がピボットエリアの位置に来たら
ハンドルを左いっぱいにきってゆっくり
前進します。

※駐車スペースとの角度が45度くらいに
なるのが理想。

2.サイドミラーでピボットエリアを確認して
今度は右にハンドルを切りながら後輪で
ピボットエリアを踏むようにバックして
いきます。

3.あとは微調整して完了!

こちらの動画が参考になります。

バック駐車と車庫入れのコツ なぜ最初にハンドルを切るのか?

縦列駐車

続いて縦列駐車をする時のコツです♪

1.まず、駐車スペースを確認したら
一度通り過ぎます。

2.自分が駐車したいスペースの前にいる車の
後部と自分の車の後部を揃えて止まります。

この時左横1メートルくらいの間隔をあけて
下さいね。

3.ハンドルを左側いっぱいにきってバッ
していきます。

4.運転席側の車体延長線が駐車スペースの
左後ろと重なる角度でハンドルをまっすぐ
戻し、バックします。

5.前の車とぶつからない位置までバックしたら
ハンドルを右いっぱいにきります

後ろの車とぶつからないように
気を付けてくださいね~。

6.駐車スペースに収まったら、ハンドルを
まっすぐに戻します。

縦列駐車の時って意外とバックミラーは
使わないんですね~。

こちらの動画を参考にしてください。

縦列駐車レッスン

 

駐車は練習あるのみ!口で説明されるより実践してみよう!

初心者が車の駐車を上達するためにはは
とにかく練習あるのみです!

いくら動画を見ても口で説明されても、
実践しないことには絶対に上達しません。


駐車の練習できる場所ってどこ?

2016y04m22d_154936000

練習するといっても実際の車がある場所で
いきなり実践するのはさすがに
緊張しますよね?

出来るだけ周りに車やものがなくて
広いスペースで練習したいものですが

どこで練習すればいいのでしょうか?
おすすめは平日のコイン洗車場
大型スーパーの駐車場がおススメです。

スーパーであれば、屋上駐車場なんかは
意外と空いていて、人目もなかったりする
ので、練習にはもってこいだと思います^^

こちらの記事も参考になります。
車のバック駐車ができない!ハンドルの切るタイミングは?

 

まとめ

車のバック駐車、縦列駐車のコツについて
ご紹介しました。

バック駐車はサイドミラーとピボットエリア
をしっかり確認して、あとはハンドルの角度
に気を付けて止めます。

縦列駐車は前の車を目印に車の角度と
ハンドルのきり方に注意して行います。

あとは練習あるのみです!
がんばってくださいね♪



車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】

 

ドライブテク

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

DRIVE FACTORY 編集部をフォローする



DRIVE FACTORY